診療科目

外科

手術について

胃癌・大腸癌を代表とする消化器悪性疾患を中心に、胆石症、虫垂炎、ヘルニアなど、一般・消化器外科領域の外科治療(手術)を行っています。
胃癌・大腸癌は日本人が高頻度に罹患する悪性腫瘍です。
治療法としては、@手術、A抗がん剤治療、B手術+抗がん剤治療があります。確実に癌巣を切除できるようなら、手術が最も確実な治療法ですが、手術できない癌に対しても抗がん剤での癌縮小が期待されます。当科では、標準的治療ガイドラインに沿った胃癌・大腸癌手術、さらには抗がん剤治療を行っています。

最近、胃癌や大腸癌に対し開腹(メスでお腹を開ける)手術から腹腔鏡を用いた(お腹を開けない)手術が行われるようになってきました。
当院でも、胆石症はもとより、2年前より一部の早期癌に対する腹腔鏡手術を導入しています。ただ現時点において、胃癌や大腸癌に対する腹腔鏡手術は、全国の施設が均一に行える標準的手術ではありません。症例によっては、大学病院など腹腔鏡の技術認定医(専門医)を複数有するような施設で手術を行うことが望ましい場合もあります。
当院では、腹腔鏡手術の先進施設である近隣の大学付属病院と医療連携を保った上で、十分な情報を提示し、患者様が納得のいく治療法を選択できるような外科医療を実践します。

消化器病センターについて

外科・消化器内科・放射線科が協力体制を敷き、放射線・内視鏡による精査を行い、癌の早期発見に努めています。3科協力体制のもと、内視鏡で治療できる癌(早期癌の一部)、手術で治療する癌、あるいは抗がん剤治療を優先すべき癌かを円滑に選択し、適切な治療に繋げるシステムを構築しています。

癌は早期発見することが最も大事なことです。ちょっと胃・腸の具合が気になる方、あるいは無症状であっても気軽に受診され、当センターにご相談下さい。

抗がん剤治療について

消化器癌(胃癌、大腸癌、肝臓癌、胆道癌、膵臓癌)に対する抗がん剤治療は、日々急速な進歩を続けています。S-1、シスプラチン、タキサン、カンプトなど作用機序の異なる抗がん剤が多種類開発され、従来とは比較にならないほど効果が期待できる上、副作用も少ない治療になりました。また、従来の抗がん剤とは異なる視点から分子標的治療薬も多数開発され、癌に対する薬物治療は日々進歩しています。

私どもはこのような抗がん剤の日進月歩に遅れをとることなく、常に最新の抗がん剤癌治療を提供しています。

乳がん検診について

週1回(金曜日)、視・触診+マンモグラフィー+超音波による乳がん検診を行っております。必要に応じて生検を行い、正確に診断することを心がけております。

食物・生活環境の欧米化に伴い、日本人女性の乳がん罹患率は確実に増加しております。当院で定期的(年に1回)な乳がん検診をお勧めします。
腫瘤が触知できない様な小さな癌(早期乳がん)で発見されれば、縮小手術による乳房温存も十分期待できます。怖がらず、一度は検診を受けてみましょう。

医師紹介

職名 氏名 専門分野 所属学会 資格など
副院長 北島 吉彦 消化器外科
がん化学療法
癌分子生物学
医学博士
日本外科学会認定医・専門医
日本消化器病学会専門医
日本消化器外科学会専門医
臨床腫瘍学会暫定指導医
日本がん治療認定医機構認定医
佐賀大学医学部臨床教授
医師 脇山 幸大    

ページの先頭へ戻る