東佐賀病院について

各部門のご紹介

看護部門【病棟紹介】

1病棟(結核・呼吸器内科、感染)50床

優しいまなざし

結核病床・一般呼吸器疾患病床・感染病床にて構成されています。結核治療においては佐賀県下における肺結核最終拠点病院として、呼吸器内科では、地域との連携を大切に、QOLに心がけ“親切と優しさ”をモットーに療養生活を支援しています。

2病棟(整形外科・糖尿病)60床

その人らしさを大切に、その人の「今」を大切に

私たちは、患者さまとの細やかなコミュニケーションを大切にし、信頼される看護をめざしています。また、生活の質を重視し、医師・薬剤師・栄養士・理学療法士などと連携を図りながら、患者さまの健康を守り支援できるよう、日々研鑽に努めています。

3病棟(外科・整形外科・消化器内科・循環器科・糖尿病・内分泌内科・小児科)60床

患者さま・ご家族の想いにそって…

私たちは患者さまの不安を最小限に過ごせるよう十分な説明を心がけています。順調な回復に向け患者さま、ご家族とのコミュニケーションを大切にし、地域との連絡を図りながらQOLを尊重したケアの提供を行っています。

11病棟(重症心身障がい児(者))55床

ひとりひとりを大切に みんな“楽しく”“明るく”過ごせるように

私たちは患者様一人ひとりの個別性を大切にし、一人ひとりに寄り添い、笑顔が引き出せるように看護師・保育士・児童指導員・理学療法士・医師・臨床工学技士・支援学校の先生方を含めたチームが一丸となって、患者様を支援しています。また、患者様そして、家族に安心していただけるよう安全な療養生活を提供するとともに、看護の質・生活の質の向上に努めています。

12病棟(重症心身障がい児(者))55床

一人ひとりを大切にし、健やかにそして楽しく過ごせるように

私たちは、患者様、ご家族の思いに寄り添い、一人ひとりの個性を活かし、心地良く過ごしていただけるよう医療スタッフはじめ、支援学校の先生方とも連携をとりながら支援しています。

13病棟(重症心身障がい児(者))55床

ひとり一人の個性を大切に楽しく過ごせる病棟づくり

平成26年4月より新たに療養介助専門員(介護福祉士)とともに患者さまにとって楽しいと感じられる時間や経験を多くつくり、個性を大切にしていきます。

手術室・中央材料室

患者様に寄り添うぬくもりの看護

手術を受けられる患者様の「安心」「安全」をモットーに個々に応じた医療・看護が提供できるように医師をはじめ、スタッフ間での情報共有と外来・病棟との連携を図っています。また、患者様へ術前訪問を行い手術に対しての不安が少しでも軽減できるよう努めるとともに、チーム医療で手術が安全に提供できるよう日々取り組んでいます。

外来

温かい心と笑顔で

標榜16の診療科と専門外来(内分泌・乳腺・アレルギー・夜尿症・小児神経・骨粗鬆症・関節)があります。地域の方々とのつながりを大切にし、患者様やご家族様が日常生活をより快適に過ごせるよう温かい心と笑顔で対応し、不安や苦痛が少しでも和らぐよう、援助させていただきます。お悩みをお持ちの方、日常生活で困っておられる方、お気軽にご相談ください。

看護部門一覧へ戻る


ページの先頭へ戻る