東佐賀病院について

各部門のご紹介

薬剤部門

当院では地域に根ざした良質の医療を提供するため、保険調剤薬局との診療連携を推進しております。保険調剤薬局との定期的な情報交換により、外来患者さんに処方された薬が安全で且つ効果的に服用してもらえるよう取り組んでいます。

また、院内では薬剤師7名と薬剤助手1名にて、調剤・製剤業務をはじめ薬剤管理指導業務や治験薬の管理業務などを行っています。さらに平成22年4月からは、注射剤の無菌調製業務を開始し、平成25年4月より一般病棟においては専任の病棟薬剤師を配置し、入院中の患者さんが安全で効果的な薬物治療を受けることができるようサポートしていきます。
お薬に関する疑問がありましたら何でもお尋ねください。薬のスペシャリストとして、効果や副作用をチェックしあなたの疑問にお答えします。

薬剤部の業務

  • 調剤業務
    処方箋にしたがって内服薬や外用薬を払い出す仕事です。この時、薬剤の量や飲み方、飲み合わせなど処方内容のチェックを行います。また、より分かりやすく安全に服用していただくために薬袋や分包紙に薬品名を印字したりお薬の説明書作成などをおこなっています。

  • 病棟薬剤業務
    入院した時には他の病院などで処方されたお薬(持参薬)を調べ当院で採用されている同じ効果や効能があるお薬を医師に提案しています。また入院中にはお薬の効果や服用方法、副作用などを患者さんひとりひとりに説明書などでわかりやすく説明しており、また副作用がおこっていないか確認しています。退院する時には入院中に服用されたお薬や退院される時に持って帰られるお薬の情報をお薬手帳等に記載し他の病院や施設、保険調剤薬局等に患者さんの入院中の情報を提供しています。
  •      
  • 注射薬調剤業務
    注射薬処方箋にしたがって注射薬を準備して病棟に払いだす仕事です。混合時の安定性や配合変化、他に使用される薬との相互作用等を確認して患者さん毎に取り揃えられます。
  •      
  • 製剤業務
    患者さんの病態によっては医薬品を違った形で投与する必要があります。そのときは「院内特殊製剤」として調製します。調製方法を工夫したり品質管理を行うなど、その様子はまるで小さな製薬工場です。
  •      
  • 医薬品情報管理業務
    医薬品が適正に使用されるためにはその有効性や安全性に関して情報提供を行うことはとても重要です。そのため、膨大な種類の医薬品に関する情報を、正確かつ迅速に医師をはじめとする医療スタッフに届ける仕事をおこなっています。
  •      
  • 治験薬管理業務
    市販される前の医薬品の有効性、安全性を確かめる試験や市販された後実際に使用されている医薬品について評価をおこなう試験などの管理を行っています。
  •      
  • 実習生・研修生の教育
    薬学部学生の病院実習や薬剤師の病院研修の受け入れを行っています。平成22年度からは、6年生薬学部学生に対する実務実習も開始されます。当薬剤部では3名の認定指導薬剤師を配し学生の指導に取り組みます。

チーム医療

現在、「感染制御チーム」「栄養サポートチーム」「褥瘡委員会」「糖尿病委員会」「クリパス委員会」「セーフィティーマネージャー委員会」等に参加し、それぞれの委員会で薬剤師の職能を発揮しています。

         
  • 感染制御チーム(ICT)
    医師・薬剤師・臨床検査技師・看護師・事務官などによる医療チームで各病棟や部門へのラウンドにより、消毒剤や器具などの適正使用、環境調査をおこなっています。また、毎月の抗生剤の使用状況を報告し、耐性菌の検出状況と照らし合わせながら適性使用のチェックを行っています。また、抗MRSA薬の投与計画を作成し医師へのアドバイスを行っています。
  •      
  • 栄養サポートチーム(NST)
    医師・薬剤師・管理栄養士・看護師・理学療法士・臨床検査技師などの専門スタッフにより構成され、栄養不良となっている患者さんに対して、適切な栄養支援を行うチームです。薬剤師の役割は、中心静脈栄養(TPN)、経腸栄養(EN)製剤などの薬剤に関する情報提供を行っています。
  •      
  • 褥瘡委員会
    医師・薬剤師・管理栄養士・看護師・理学療法士・臨床検査技師などの専門スタッフにより構成されており、薬剤師はその中で、創傷被覆材や薬剤について薬学的情報を提供しています。その他、ラウンド時に患者さんの輸液等を調べてディスカッション時にアドバイスを行います。
  •      
  • 糖尿病教室
    糖尿病疾患に関して、専門医・薬剤師・管理栄養士・看護師・理学療法士・臨床検査技師などの医療チームによる糖尿病教室を開催しております。入院・外来患者さまだけでなく、ご家族や一般の方など糖尿病に興味をお持ちの方の参加も自由ですので是非ご参加ください。
  •      
  • クリパス委員会
    それぞれの病気に対して入院から退院までの検査・処置・指導・看護・食事などを時間順にまとめた患者さんのケアの質的向上と効率化をする医療手段の診療計画書を作成する委員会のメンバーとして薬剤師の立場からアドバイスを行っています。
  •      
  • セーフティーマネージャー委員会
    患者さんが安心して安全な医療を受けられる環境を整えることを目標として、医療安全管理対策の強化充実を図るために、各部署で発生しているヒアリハット等についての情報収集、データ集計・分析を行い必要な対策を講じ、これらを定期的な「ヒアリハット情報」としてまとめ院内研修会等で職員にフィードバックして、安全に向けた行動に繋がるようにする委員会のメンバーとして薬剤師の立場からアドバイスを行っています。

保険調剤薬局の方へのお知らせ

本院では原則として、院外処方箋についても、薬事委員会で採用が許可された医薬品のみの処方を行うことになっていますが、診療上やむを得ず採用品目以外の処方を行うことがあります。希望される保険調剤薬局へは当院採用医薬品リストをExcelにてお渡しする準備があります。お申し込みは薬剤部長まで直接お電話ください。

東佐賀病院  TEL: 0942−94−2048(代)


製薬会社医薬情報担当者へのお知らせ

当院での医薬品情報活動等を行う場合は以下の点をお守りください。

  1. 訪問時は訪問記録簿に来院時刻を記載し、備え付けの訪問許可証を着用してください。
    退庁時は再度、訪問記録簿に訪問内容・面会者等を記載し訪問許可証を返却後、退庁時刻を記載して退庁してください。
    (活動時は自社の名札も着用してください)
  2. 医薬品情報活動での訪問時間は、原則として「平日15時30分から18時」までです。
  3. 本院未採用薬品の宣伝、情報提供を行う場合は、事前に薬剤部長の許可を得てください。
  4. 調剤室、病棟、診療中の外来診察室、職員が在室していない医局には立ち入らないでください。

ページの先頭へ戻る